京橋

ここ半年は連れ合いの兼ね合いで、一直線に帰路につくことがほとんどですが、
パワーデイに就職したての頃は、いやもうほんと入り浸っていましたよ、京橋商店街。
今は立ち呑みで飲むお酒がキオスクの缶ビールに変わっったボクです、どうも。

ここ数年、パワーデイでは「御利用者様の地域への関わり」をテーマの
一つとしてサービス提供してきました。
その一環としてボク達が簡単に、でも楽しく、そして継続できる取り組みとして
「デイからお出かけ」を月1~2回させてもらっています。 先日の「お花見」をはじめ、
ほど近い「鶴見緑地」や「大阪城」、「コメダ珈琲」なんかも行きました。

ただ、ただね、女性は綺麗な景色なんかを見てとっても喜んで下さるのですが、男性は…
そう、あんまり楽しそうじゃなかったりするんですよね…
シャイなのか、表現が下手なのか、どうすりゃ心揺さぶられるのか…

というわけで、企画してみました。「おやじ限定、ぶらり京橋商店街の旅」!
参加者(もちろんスタッフも)全員OYAJI! 異様な空気というか、人数以上の圧迫感と、
絶え間なく香るおっさん臭に苛まれ、みんな心の中では鼻をつまみながら車に揺られて15分。
京橋アーケード着。そこからは商店街をひたすら歩く歩く。

昼間なので半分の飲食店はまだ準備中でしたが、
「よく通ったわ、この店」等沢山の思い出話を聞かせてもらいながら(公表できない話も出たり)の
ほんとに楽しいぶらり旅となりました。
1時間近く座ることもなく歩き続けましたが、さすが昔取った杵柄、繁華街での足取りは、
どこからどう見てもいつも以上に軽やかなもんでした。

いつかは一緒に夜のネオンも拝みたいものです。

背中に哀愁とヤル気が同居する戦士達の出陣

背中に哀愁とヤル気が同居する戦士達の出陣

一糸乱れぬ隊列でグランシャトーを通過。と思いきや後ほどここで記念撮影

一糸乱れぬ隊列でグランシャトーを通過。と思いきや後ほどここで記念撮影したり

 

警戒していたにも関わらず、甘い罠の誘惑から視線が外せないⅠ隊長補佐

警戒していたにも関わらず、甘い罠の誘惑から視線が外せないⅠ戦士

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です