カテゴリー別アーカイブ: 抗加齢医学

スマホ新時代

めがね君です。
少し前になりましたが、7月22日23日に抗加齢医学を実践する臨床医の会で
静岡県藤枝市に行ってきました。アンチエイジング医療のポイントは行動変容に
ありますが、生活習慣を変えることは難しいのが現状だと思います。
青木晃先生のところはスマホアプリを使って、食事内容や運動量などを管理し、
ツイッターやFacebookを使って食事や運動を管理指導しているそうです。
めがね君もマラソンの練習の時はランニングアプリを使って、どれくらいのラップタイムで
走れているかチェックすることはありますが、恥ずかしくて公開できるものではありません。
当クリニックでも9月より男性外来などは遠隔診療を開始しています。
スマホ1つでコミュニケーションやネット検索だけでなく、買い物や健康管理など
何でもできてしまう便利な時代ですが、機械音痴のめがね君はまだまだスマホを
使いこなせておらず、猫に小判状態です。

学会2017

暑いですね  😥
こんにちは、Girlです。

暑くなりかけの6月から毎年恒例学会・研究会があり、今年も無事に
抗加齢医学会で発表することが出来ました。
演題は『外来における認知機能スクリーニングとして自己記入式検査は有用か?』という
タイトルで、認知機能低下の早期発見を行えないか?という思いからスタートした研究です。
具体的には認知症の前段階である軽度認知機能障害(以下MCI)を従来の対面式検査ではなく
自己記入式の認知機能検査を用いることで簡単にかつMCIを早期発見出来るか調査しました。
結果は、自己記入検査でもMCIの早期発見に結びつきそうであることが分かりました。
詳しい内容は、池岡通信43号に掲載しています。
ホームページからも池岡通信をご覧いただけるのですが
最新号の更新はもうしばらくお待ちください。

そして先週末、抗加齢医学を実践している医師・施設による研究会に参加しました。
こちらは今年で8回目。
池岡クリニックからは着ぐるみ院長がグルタチオン点滴について発表し、グルタチオン点滴を実施されている先生のご意見を伺う機会となりました。

学会や研究会に参加すると、新しい知識やその分野での動向を知れることはもちろんですが、同じ分野や似た環境で活躍・努力している方に会うとGilrはとても励まされ、サボローと友達になりかける気持ちを引き締め、気持ちを新たに出来る貴重な場でもあります。

今がやる気のピークにならないように、また1年 😎

着ぐるみ院長はどこにいるでしょうか?

 

 

 

認知症多職種カンファレンス

抗加齢総会が終わりました。ガールが「外来における認知機能スクリーニングとして
自己記入式検査は有用か?」を発表しました。
めがね君は抗加齢総会には参加しませんでしたが、5月末に院長、ボーイ、デイスタッフと
大阪市東部認知症多職種カンファレンスにと参加してきました。
前半はDrによる認知症の早期発見と連携、薬剤選択についてお話があり、
後半は多職種による事例検討ディスカッションでした。
1例目は認知症が進行し、10年以上使用していた電動カートの自損事故が増えてきた症例でした。
2例目はアルコール依存の認知症の方で、健康上問題がある奥さんと精神疾患もあり、
本人と仲が悪い長女さんと3人で同居している症例でした。
どちらも利用者さんだけでなく、家族など多方面からアプローチが必要な症例で、
他職種の方とお話ができて、とても勉強になりました。
地域にかかわる理学療法士として、少しでも認知症の進行予防に関わらなければと思う
めがね君でした。

グラスワイン

もう1月半ば…あっという間のお正月でした。
皆さん、本年も『若返るブログ』を宜しくお願い致します 🙂

さてさて。
お酒好き、特にワイン好きの皆さん!
Girlは、グラスワインのアルコール含有率は見直しが必要?という文献をみつけてしまいました。

英国・ロンドン大学のAnnie Britton氏らによると、近年のワイングラスの大きさとワインのアルコール度数の増大により、現在の換算率ではワイングラス1杯当たりのアルコール含有量が実際より少なく見積もられている可能性が高く、集団研究における飲酒量の過小評価につながっている可能性がある。そこで、これらによっておこると考えられる分類の違いが、飲酒量と死亡リスクとの関連に影響するかどうか調べた。
Whitehall IIコホートの男女7,010人における1997~99年の自己申告による飲酒量は、2015年半ばまで死亡リスクに関連していた。ワイングラス1杯当たりアルコール8gの換算と16gの換算とで、平均飲酒量と全死因・心血管疾患・がんによる死亡リスクを比較した。

結果、重度またはかなり重度の飲酒者の割合は、男性28%→41%、女性15%→28%に増加。
ワインのアルコール換算率変更前後で、全死因および癌による死亡リスクは中程度と比較して、かなり高い飲酒者のリスクが有意に高かった。 しかし、より高い換算率が使用された場合のハザード比は低下(これらが発生する相対的な割合は減少)。

原著はこちら↓
http://alcalc.oxfordjournals.org/content/early/2016/06/01/alcalc.agw027

ワイングラスって昔より大きくなっていたのですね。流行りもあるのでしょうか?
たしかにグラス1杯といっても、お店で注文しても期待を裏切られたり期待以上だったり。
ワインはアルコール度数も高めのものが多いので、量が多ければ身体への影響があるのは当然ですね。
ワインを飲むと二日酔いになりやすいという人もいると聞きますが、このようなことも関係しているかもしれません。
何事もほどほどに。

20110113164200085
でも、今欲しい物はこれ 。

ストレスを力に変える⁉

めがね君は少し前に「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」
という本を読みました。
よく、ストレスは病気のもとであり、風邪や心臓病、うつ病、依存症のリスクが
高まるといわれています。
ストレスを感じると副腎からコルチゾールが出て、免疫機能の低下やうつ病の
可能性が高まるといわれています。
ストレスを避けようとストレスと向き合おうとせず、紛らわそうと酒などに依存したり、
孤立することも多くなるそうです。
しかし、ストレスの無い生活を送っている人たちは充実感や幸せを
感じることも少ないそうです。
また、ストレスを感じると副腎からDHEAが出て、ストレスから回復したり、
学んだりする助ける働きをし、病気のリスクが低下するといわれています。
さらに、下垂体からはオキシトシンが出て、人とのつながりを求めるそうで、
思いを共感し、人助けなど社会に貢献しようと前向きな行動を起こせるように
なるそうです。
ストレスを感じた日には喜怒哀楽があり、ストレスに向き合い、原因について考え、
解決に向けて努力することで、成長できるそうです。
この本に書いてあることが出来ていたら、すごい男になれたんだろうなと
思うめがね君でした。
th5

行ってきました♪臨床データ報告会2016in浅草

皆さんこんにちはボーイです。

昨年、長崎ハウステンボスで開催された報告会(通称:夏合宿)に続き、
今年は東京トータルライフクリニックの馬渕先生が世話人をして下さり
浅草ビューホテルで開催されました。

夏合宿とは抗加齢医学を実践している先生方が集まり、親睦を深めながら
それぞれのクリニック等で行っている、臨床内容を報告し意見や情報交換を
行う合宿です!!

池岡クリニックからは、新規加入ドラ1新人の『パープルさん』と『ガール』が
認知機能低下者を見分けるテストを行った結果を報告しました♪

えのっきー立派に発表されています👍

パープルさん立派に発表されています👍

色々な認知機能テストがありますが、今回は自己記入式のテストを行ったので
一般的なテスト(聞き取り式)と比べ、患者様の抵抗が少なく検査を行って下
さったと感じております。
浅草を満喫させてもらいながら、最先端の抗加齢医学の勉強が出来る素晴らしい
夏合宿でした(^^♪

DSC_0943
浅草サイコーでした✌

第16回日本抗加齢医学会総会

Girlです。
抗加齢ワーキンググループにとって1年大イベント抗加齢学会に参加してきました。

ボーイがブログに書いていたように、発表がありました。
Boyとメガネ君選手交代があり、メガネ君とGirlが発表してきました。
どちらの演題も聴講された方に興味を持っていただけた様で一安心です。
発表内容については皆さんにも知っていただける様にしたいと思いますので、ご期待下さい♪

学会が終われば…お休み!!!
Yeahhhhhhhhh!!!!!!
ではなく、また来年に向けて少しずつ準備が始まります。
来年も発表できるように。
そして、その内容が少しでもみなさんの役に立てるようなものであるように進めていきたいと思います。

なんて、まじめに考えてる風に語ってますが実はまだNo Plan(*^^)v
どんな発表になるかは来年のお楽しみです。

images (1)
メガネ君の発表の主役。

歯は大事にしましょう!

めがね君は最近、まじめに歯医者に通っています。
以前に通っていた歯医者が自費の治療ばかりを進めてくるところで
いやになり、詰め物がとれた状態を放置しておいた結果、痛みが
強くなり、うがいの際に沁みるようになってきたので、満を持して
通うことにしました。
日本臨床歯周病学会の報告では歯周病菌などの刺激により動脈硬化を
誘導する物質が出て血管内にプラークが出来血液の通り道が細くなり、
プラークが剥がれて血の塊が出来ると、脳や心臓の血管が詰まったり
することで、脳梗塞のリスクが2.8倍になるといわれています。
また、歯周病菌の内毒素は脂肪細胞や肝臓からのTNF-αはインスリンの
働きを邪魔するため、血糖値が上がり糖尿病になりやすくなります。
他にも、誤嚥性肺炎のリスクが増えたりします。
歯医者に通った後はまじめに歯磨きをせねばと思いながら、続かない
めがね君でしたが、今度こそ継続せねばと思っています。

yjimageRQD6RA7ZyjimageLD4F4C0X

👣抗加齢医学会総会が近づいて来ました🐾

皆さんこんにちは、ボーイです 🙄
6月10日(金)~12日(日)パシフィコ横浜にて第16回日本抗加齢医学会総会
が開催されるのですが、一般口演部門で池岡クリニックから2題発表させて頂く事に
なりました🙌
昨年度、抗加齢チームで取り組んで来た内容を全国の皆さんに報告させて頂く良い機
会なので、しっかり発表してきたいと思っております✊

発表内容は・・・・・🎉

ガールが『腸内細菌』セッションで
ビフィズス菌サプリメントの効果について

ボーイが『食生活・サプリメント・健康食品・漢方』セッションで
     ダイエットコーラと血管内皮機能について

上記の2題を報告させて頂く予定です :mrgreen:
4月・5月は資料作成で忙しくなりそうです(^^♪
DSC_0813
よくお腹を下していたボーイですが、ビフィズス菌サプリメントを飲むようになって
お腹の調子がバッチリになりました✌

あまくない砂糖の話 

Girlです。

今回は映画のお話。
実は映画好きGirlが興味を引かれたのは3月19日公開の『あまくない砂糖の話』
内容は1日にティスプーン40杯分の砂糖を60日間摂取し続けるとどうなるか?というもの。
これまでにも、糖質制限や精製された砂糖は健康に良くない説が言われており
それらを身を以て体験しよう!という…

そう。

この映画はスーパーサイズミーと同じ(?)電撃ネットワークも真っ青の体を張って
健康被害を検証するドキュメンタリーです。

1日にティースプーン40杯の砂糖。
40杯 × 2g = 80g位。

WHOのガイドライで推奨している、1日の糖分摂取量は総エネルギーの5%未満で
砂糖約25g(小さじ6杯程度)だそうです。

身近なものの糖分の量の目安で言うと
・コーラ500mlで約55g
・野菜ジュースや100%の濃縮還元果汁ジュースに25g以上(商品によって差がある)
・ケチャップ大さじ1杯には約4g
これだけ糖分が含まれているという事は80gなんて簡単に超えてしまう値の様に感じます。
恐ろしや 😯

実験台(主演)兼監督の活躍するオーストラリアではドキュメンタリー映画動員NO.1と大人気。
日本ではミニシアターで順次上映のようなので、気長に待つことにします。
http://amakunai-sugar.com/

4983_1452132852_l
前売り券購入特典はシュガーポット(*^^)v