3秒ルールは本当?

Girlです。

皆さんは3秒ルール承認派ですか?
食べ物を落としてもすぐなら大丈夫!と食べてしまう、もったいないお化け派閥に属するあのルールです。

この都市伝説に近いルールを真面目に研究した人がいます。
米ラトガーズ大学(ニュージャージー州)のDonald Schaffner氏ら。

研究内容がこちら。
方法:サルモネラ菌に似た細菌で汚染されたセラミックタイル・ステンレススチール・木・絨毯などの
    面に、スイカ・パン・グミなどの食物を落として接触させた。

   接触時間はそれぞれ1秒未満、5秒、30秒、300秒の場合にわけて、面から食物への細菌の移行率を
   評価し、計2,560回の測定を行った。

結果:移行率は細菌に汚染された面への曝露時間の長さと、食物の水分によって上昇し、細菌汚染は1秒
          未満でも起こる可能性があることも判明した。
Appl Environ Microbiol. 2016 Sep 2. pii: AEM.01838-16.

まとめると
『落としてる時間が長く、水分の多い食べ物ほど菌がたくさん付いちゃう』ということらしいです。

言われてみると当然の結果でしょうか。

しかし、『絨毯に落とした場合はタイルやステンレススチールよりも汚染が少なかった』
というのは意外でした。
タイルより、絨毯に落とした時の方がショックは大きい気がして。
あれは絨毯の《もはもは》が付いちゃうからで、菌とは別なのでしょうか。

Girlは3秒ルールに慣れ親しんできました。本文では5秒ルールとなっていますが
細かい秒数はさておきこのルールって世界共通なのですね 🙄

risu_b
食べ物を木に落とすってなかなかないよね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です