認知症予防の講演に行ってきました!!

こんにちはボーイです。
寒くなってきておりますが皆さん風邪などはひかれてないでしょうか。

最近、認知症高齢者ドライバーの事故がニュースでよく流れていますが・・・(>_<)
皆さんは日本のどれだけの人が認知症で、認知症以外にも軽度認知症っていう言葉
がある事をご存じでしょうか!

ボーイ調べでは、
65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は推計15%で、2012年時点
で約462万人に上ることが調査で明らかになっています。
多くの高齢者の方が発症されている事にビックリですが、認知症の前段階である軽度
認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計されており、65歳以上の方
の4人に1人が認知症とその予備軍となる計算です。
団塊の世代の方が後期高齢者になる2025年にはもっと増える事が予想されます。

今後は認知症の予防が重要になってくるので、城東区民センターで開催された認知症
予防講演会に参加させてもらいました。
dsc_1008
予防する為には普段からの健康管理が一番重要で、特に高血圧や糖尿病等を患うと
認知症のリスクが上がるとの事でした。
物忘れ以外にも認知症の可能性がある症状として、意欲の低下があり普段家族の前や
お客さんの前では普通に何でも出来ていても、一人でいると何もしなくてボーっとし
て家事などをしない状態が続く場合は脳血管性の認知症を疑う必要があるそうです。

初期段階は判断が難しい場合が多いですが、家族が少しでもおかしいなと思った場合
は検査を受ける事をお勧めします。
MRIなどの大掛かりな検査はちょっと・・・と思われる方は問診で行える認知症検
査があり、問診も時間がかかるから面倒だな~っという場合は血液検査でも認知症の
リスクを判定する事ができます。
早期発見して服薬を行う事で進行を遅らせる事ができると言われていますので、早め
の検査をお勧めします。
dsc_1009
地域の方や城東区の専門職も多く参加していました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です